ロベクチンが敏感肌にも使える理由

ロベクチンは超敏感肌の方でも使える保湿クリーム。赤ちゃんの肌にも使えるほどの低刺激なんですよ^^

 

そもそもロベクチンプレミアムクリームが作られた理由ですが、

 

  • 放射線治療や抗がん剤治療などの副作用でおこる、肌トラブルに悩むがん患者の方でも使える保湿クリームを!

 

この思いから作られました。

 

 

なので肌を刺激する成分、

 

  • パラベン
  • 発がん性物質

 

を使わない「肌に優しい保湿クリーム」として誕生したのです。

 

他にも、石油系界面活性剤や人口香料、アルコール系溶媒、着色料など接触系皮膚炎を引き起こす可能性がある物質、アレルゲン、農薬成分は入っていません。

 

 

徹底的に肌への優しさに拘って作らたロベクチンだから、敏感肌の方でも安心して使えるってワケなんですね^^

 

またそれだけじゃなく、乾燥肌でもしっかり保湿できるように、バリア機能を整えてくれます。

 

正常に機能するようになったバリア機能だと、肌にうるおいがどんどん貯まり、乾燥肌や敏感肌、刺激された肌を優しく落ち着かせくれます。

 

 

 

肌に良い成分しか入っていないの?全成分をチェック!

 

「もっとお肌に優しく!」という思いから、リニューアルされたロベクチン。

 

フェノキシエタノールも使わないようになり、さらに肌に優しい保湿クリームとなりました^^

 

 

また、新たにヒアルロン酸やアラントインなどの美容保湿成分が入って、潤い力もアップ♪

 

他にもどんな成分が配合されているのか、全成分をチェックしてみましょう!

 

・水
・グレセリン
・ヒマワリ種子油
・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
・ジメチコン
・シア脂
・サフラワー油
・ヒマシ油
・シクロペンタシロキサン
・ヘキシレングリコール
・ペンチレングリコール
・ポリアクリロイルジメチルタウリンNa
・セテアリルメチコン
・オリーブ油脂肪酸セテアリル
・アーモンド油
・オリーブ油脂肪酸ソルビタン

・ヘマトコッカスプルビアリスエキス
・セラミドNP
・アラントイン
・ヒアルロン酸Na
・アロエベラ液汁
・ナイアシンアミド
・トコフェロール
・アボカド油
・クエン酸
・エチルヘキシルグリセリン
・ヒドロキシエチルセルロース
・キサンタンガム
・トリデセス-10
・ダイズステロール
・リノール酸
・リン脂質

・水添ポリデセン
・ウンデシレン酸グリセリル

 

以上が全成分です。

 

肌に悪いとよく聞く成分が入っていないのが、お分かりいただけたと思います。

 

このように配合成分にも拘って作られているからこそ、乳児から敏感肌の方まで安心して使える保湿クリームなんですね^^

 

【ロベクチン】がお得に買える販売店情報はこちらから